床下の構造 その4(根太掛け編)

手探りだけど、最悪状態の床下は改善してきている。
何と言っても、湿気とカビ臭い環境からフレッシュに生まれ変わった (´∀`~)ヨカッタ
そして、根太を追加したことで、強度が増したと思う。
重たい家具を置く予定はナイケド。。。(;・∀・)

そうそう、根太といえば 学んだことがある。
ネットで、調べていたら出て来たワード「根太掛け」
土台に根太が掛けられない時、根太の端を支える横木、とある。

つまり、こういうとき↓

ちょうど、根太の位置に柱があって 土台の上が塞がれている。
そんな時、土台の側面に横木を取り付ける。

下から見ると↓

根太掛けは、結構使うことが多い。
なぜなら、追加の根太を打ち付けるとき、壁が邪魔して真上からビス止めすることが難しいから。
根太掛けをすると、しっかりビス止めが出来た。
端材がたくさん出来たので、手間はかかるけど まめに根太掛けをすることにした。(*^ー゚)b
土台が、しっかりしてきたみたい。

あとは、サンドイッチみたいに床を作っていく。