洗面脱衣所、壁をつくる

無垢のフローリング材が届いたので、早く貼りたい気持ちになる。(*゚∀゚)っワクワク
洗面脱衣所は1坪(2畳)、ここにはアンティーク風・西南桜のフローリング材を貼っていく予定。

足りない場合は追加注文することになるけど、送料無料なので多めに購入するのは辞めた。
私の計算では、2ケースで足りるハズ。失敗しなければ・・・だけど。 ( ̄▽ ̄;)!!

洗面脱衣所に壁をつくる

↓ こんな状態だった。

窓側の空間、柱と柱の間に石膏ボードを貼るための骨組み作っていく。

ここで考えなきゃいけないことが出てきた。
石膏ボードの貼り方はどうしたらいいのかなぁー
柱をむき出しにして、石膏ボードを柱の内側に貼るか、それとも柱を全面隠すように貼るか。
どっちがいいのかなぁ- φ(.. )カンガエル

試しにフローリング材と木材を置いてみる。
なるほど~(*’-‘*)

実際に置いてみたら・・・

洗面脱衣所側のフローリング材を面(つら)合わせしたら、その答えが出た。
必然的に柱と柱の内側に石膏ボードを貼ることになる。
石膏ボードが入るための隙間を開けておかなければ。

柱に直接ビスを打ち付ける前に、小さい木で受け作っておいた。

平行になるように受けを設置して、胴縁が出来た。
もちろん、安定した後で胴縁と柱にもしっかりビス止めしておいた。

プロだったらこんな面倒なことしないだろうけど、
実際に直接打ち付けてみたら平行に打ち付けられなかった。
(まだまだ、斜めにビスを打ち付ける技術が未熟なもので。。。(TДT)コンナモンサ-)

苦肉の策で、この受けを作ってからその上に木材を乗せると・・・
あら簡単!(o^∇^o)ノ イイカンジ
手間はかかったけど、丈夫な胴縁になったかも。

この場所は、据付(すえつ)けの棚を作るかもしれないので、しっかりビスが利ようにしておきたい。

壁が出来た!

そして、石膏ボードを貼ってみるとこんな感じに!
こちら側は柱が見えるようになっていて、
ちょうどフローリング材を貼った場合に石膏ボードと隙間がないように施工できた。

以前は、台所側に洗面脱衣所と風呂の照明スイッチが付いていた。
スイッチって、部屋に入る手前に設置されている場合と、入ってすぐ場合とある。
今回は、どうしても入ってすぐ場所にスイッチを設置したい。

さて、次は電気工事の作業(・◇・)ゞデス。