台所の壁をつくる、石膏ボードに囲まれた部屋

→ 台所の壁をつくる

前回、台所に石膏ボードを貼った 続きを再開。(*・ω・)ノ
スイッチも移動させたので、続きの壁をどんどん作っていく。

ドアがある壁側は全面 断熱材&遮音シートを貼っておいた。

ドアの上部分。
をつくり、断熱材を入れる。

遮音シートを貼る。

石膏ボードを貼る。

石膏ボードを貼っていく際、とても気になっていたこと。
それが・・・

継ぎ目(黒線) ↓

こんな風に単調に貼るよりも、乱(らん)貼りのほうが割れにくく、
丈夫に仕上がるらしい。
乱貼りっていうのは、上下左右と目地が均一にならないように貼る感じ。

頭の中では乱貼りのことがチラつきながらも、こうするしかなかった・・・(・◇・)ダッテ
石膏ボード12.5㎜厚の1枚の重さは約10kg
これを、持ち上げながら片手に充電ドライバーを持ってビスを打つ、
なんて出来なくて。。。(*^・ェ・)ノ ムリムリ

その代わり、ビス打ちの間隔はなるべく短くしておいた。
ピッチは約150㎜
目安として、親指と小指を広げた間隔。( ̄∇ ̄)アバウト

台所の壁は、石膏ボードと決めている。
火の元となる場所だし、昔から吉野石膏といえばCMでお馴染みのタイガーブランド。
耐火性能があるので、普通の木材よりは燃えにくいハズ。。。

2枚重ねて貼れば、もっと耐火性能は上がるし、遮音性能もUPするらしい。
そういえば・・・
以前見た「劇的ビフォアーアフター」の番組で、石膏ボードを4枚くらい重ねて
隣家との防音対策をしていたのを思い出した。(‘◇’*)!?

生活してみて、防音効果がいまいちだったら2枚貼りくらいはやってみたい・・・(o^∇^o)ノ

そして、和室Aと台所との間の壁も貼り終えたところ。

        

ガラス戸の上のほうは、石膏ボードが重いし長いので、苦労して貼った。
下地木材を何ケ所か足して、強化しておいた。

こうして見てみると綺麗に出来た感じがするけど、実際は失敗も多々あり。(* ̄∇ ̄*)ジツハネ
まぁ、それでもなんとかこの1面が仕上がったのでよかった。

肩がパンパンになって、今日も湿布を貼って寝よう。。。
貼ることばっかり。。。(*´∇`*)フッ

まだまだ、台所の壁は続く。。。