下水(排水)漏れに気が付いたら、どうすればいいか?

排水漏れが現実となってしまった!

 

私の嫌な予感は、的中していた。

そう、洗濯排水が共用の排水溝に流れ出ていたのだ。

白い水の正体は、柔軟剤の色だった。

 

更に、嫌な予感が私の中で襲い掛かってくる。

これって、洗濯排水だけじゃないよね。。。

まさか!? 台所排水も、風呂排水も・・・なの?

 

ゴミ出しを急いで済ませ、家に戻ってきた。

台所の水をジャバジャバと流してみる。

もう一度外の排水溝まで来て見たけど、それほど変化は分からない。

 

風呂の水で、水漏れの実験をしてみる

 

モヤモヤしたまま、夜になった。

浴槽にお湯を溜め、色付けのために入浴剤を入れる。

引っ越してからこの日までの数日間、何も考えずに昭和風呂の浴槽に呑気(のんき)に浸(つ)かっていた私。

生活用水が使えるようになった喜びは束の間(つかのま)、まさか下水の問題が発生するとは考えたくなかった。

でも、全く問題にしていなかったかというと嘘になる。

正直、逃げていたのかもしれない。

だって、勝手口にある排水桝(ます)から この数日間匂いがしてきていたから。。。

 

浴槽の栓を抜いてみる。

勢いよく、入浴剤黄色に染まったお湯が流れ出ていった。

ひっそりした夜にも関わらず、急いで外の排水溝へ向かう私。

 

ああっー、やっぱり!!!

 

間違いなく排水漏れしていることがわかった。

懐中電灯を照らす先に、今朝見た排水溝の隙間から、黄色の水が流れ出ていた。

 

リフォーム中、排水漏れに気が付かなかったのは、家の中で水を使用していなかったから?

トイレ屋外水栓以外では・・・水が出なかった。

つまり、家の中からは排水していないことになる。

リフォーム中はトイレは普通に使用していたけど、排水溝からの漏れは無かった。

度々(たびたび)排水溝の掃除はしていたので、漏れがあれば気が付かないはずがない。

っていうことは、トイレは漏れていないってこと!?

なんだか・・・よくわからない。

 

その日はショックで、あまり考えられなかった。

下水の問題は、私にはどうしていいやら想像もつかないことだったから。。。

 

この家の下水はどうなっているんだろう?

 

今時の家なら、図面があって下水経路がすぐに分かるはず。

この家にはそんなもの、あるはずもなく・・・

 

水道料金は、上水下水に分かれていてそれぞれ支払っている。

だったら、ここの自治体が下水の管理しているっていうこと?

 

役所に聞けば、下水のこと何か分かるかもしれない!