小型限定教習 2段階-5 みきわめ

いよいよ最後の教習。
2段階のみきわめの日。

1段階のみきわめは まだ運転に自信もなくて、これでいいのか迷いがあった。
でも、ここまでくると やるだけやってきた という自信が、既にあった。

いつものように、発着地点からのスタート。
教官「じゃあ、1コースから走ってください。」
バイクに乗るところから、色々な確認をクリアして発進~~~!
気持ちは穏やかで、余裕があった。

よしっ、次は坂道停止。
アクセル弱めて、後輪ブレーキ、そしてクラッチ切って、ギアを一速にして・・・・
あ~~~~ダメだ!Σ(>Д<) 
「ガッッシャーン」

教官「大丈夫ですか???」
私「・・・・・・・・・」
しばらく言葉が出なくて、はっと我に返って、
私「はい、大丈夫です。」

なんと、最後の教習ではじめて転倒してしまった。
倒れるまでをスローモーションで回想すると・・・

((よし、あとはギアを一速に・・・あれ?))
((左足のプロテクターの紐が、ステップに引っかかってる!))
((やばいっ!))
((足が、地面に着地出来ないっ!))
((あああぁ~~~~!(>Д<) ))
といった感じ。

しかも運の悪いことに、坂道の途中。
そこは、崖になっていて、ちょうどガードレールがある。
キープレフトを忠実に守っていた私は、ガードレールに頭と胸を強打してしまった・・・
もちろん、ヘルメットと胸部のプロテクターは装着していた。
それでも、胸を打った痛みで、しばらく言葉を失ってしまい、頭が真っ白に。。。
少しして、何故か涙が出そうになった(*´>д<)
でも、我に返って起き上がると・・・
「大丈夫だ!」 ホッとした。

始まったばかりの教習なのに、
教官「今日はもう 止めましょう。」
と、心配して何度も言うので、
私「いえ、もう大丈夫です。最後までお願いします。」
半ば無理矢理に、教習を続行してもらった。

プロテクターは結構ボロボロで、紐が伸びきっていたので、
別の物に取り替えてからスタート。
その後は、いつも通り走行して終了。
無事に、みきわめもらい、教習も終わり。
普通だったら やったー\(^o^)/ って感じなんだろうな。
早速、事務所で卒業検定の予約をした。
一番早い日は・・・ 明日!

教官が何度も心配してくれて、本当に申し訳なくて・・・
それにしても、最後に転倒するなんて (_ _。)・・・バカ。

実施教習項目 17 (みきわめ) 教習終了。

1/11