小型限定教習 2段階-2

バイクの楽しさが わかってきたかも (o^□^o)
運転技術は 別だけど・・・
最初はギアチェンジすることが大変だったのに、今はなんかカッコよい感じ。
ガチャ ガチャ している感じがすごく好き。

2段階は、1段階で教習したことを練習しつつ、交通法規に従った走行、危険を予測した走行、余裕のある安全運転ができるようにする。

2周ほど検定コースを走行した後、
教官 「次は危険回避をやります。」
???えっ まだ何かあるの?
てっきり、もう練習ばかりだと思ってた。(;・∀・) あま~~~い!!!
突然の障害物に対して、急な回避の判断をし、慌てずに対応する体験。
1段階の終わりに「急制動」をやったけど、実は2段階でやる内容らしい。
おそらく、卒業検定のコースに慣れるため、早く教習するようになってるのかな。

危険回避
自動二輪の場合は、指示速度30km/hで走行。
コーンのある地点を通過すると、信号表示されるので、そこでどの方向へ回避するかを判断。
つまり、「障害物発見(信号表示)→判断→行動する」
この過程が平均 約1.7秒 かかるらしい。

要するに、危険を早く予測し、発見し、冷静に判断して、正確に操作出来るように運転する。
日頃から、スピードを出しすぎないで余裕のある運転をしましょう という教習。

教官「今日はこれで終わりです。」
「次回から、教官が代わります。頑張ってくださいね。」
え???毎日暑いし、教官は大変だもんね。
「今まで、本当にありがとうございました。」
何度も質問しても丁寧に説明してくれて、しっかり基礎を教えてもらったので 本当によかった。(*・∀・*)

実施教習項目 2.3.4.9.10.11.12

1/11