後悔先に立たず、もう帰れない。。。

 

リフォーム途中の我が家は、普通の引っ越しとは違ってとても閑散としている。

はっきり言って、工事現場みたいな…

まだまだ完成まで、程遠いなぁ~。

でも、これからは作業も捗(はかど)るだろうし、地道にやっていこうと思っていた。

 

初日の朝

 

バタ-ン、バタ-ン、バタ-ン!!!

 

wata-siro
エッツ!?びっくりした!いったい何?

 

車の扉を閉める音で目が覚めた。

引っ越しで疲れ切った脳みそだったけど、びっくりしてとび起きる羽目に。。。

あー、ここは平屋だった。

静かな朝に、近所から音は乱暴に響く。

ピーッツ ピピッ!

それから、ドア開閉の電子音もはっきり聞こえてくる。

行ったと思ったら戻って来て、数人の出入りが頻繁な様子・・・

なんか、早朝から騒がしいよぉ。。。

これが毎朝続くのかと思ったら、地獄だ。。。

wata-siro
はぁーぁぁぁ

 

今までは、5階建ての駐車場とは遠い部屋で寝ていたから、車の音で目が覚めるなんてことは一度もなかった。

それに分厚いガラスの窓で、ある程度の防音効果があったんだな、と今更その有難さをしみじみ感じた。

 

ここは、夢の国ではない。

古い家なのだ。

窓だって40年前の薄いガラスだから、隙間だらけで気密性がない。

 

4月下旬の朝は思った以上に寒くて、羽毛布団と毛布が手放せない程だった。

ハッークション!!

おー、寒い、寒すぎるぅぅぅ。。。

 

ここは、夢の国ではない。

改めてまだ片付いていない雑然とした部屋を見渡して、

時代は昭和なんじゃないだろうか?とさえ思った。

 

やばーい!これは大変なことになってしまった。。。

実家には、もう戻れないんだから。

 

こんなことくらいでヘコタレられないよ!

不安な自分を奮い立たせるように、無理やり気合いを入れたものの・・・どんよりした朝を迎えていた。

 

そしてこの後、ご近所へ引っ越しの挨拶(あいさつ)まわりをする。

もっと、気持ちが落ち込んできた カモ。。。(溜息)

1/11