下水(排水)漏れの原因が判明!?経年劣化の現状

応急措置をしてみることにした!

 

我が家の排水桝(ます)の欠陥は、コンクリート製であること。

初めてこの桝蓋(ますぶた)を開けたとき、驚いた。

こんなので、大丈夫なの!?

 

次の画像は、排水桝の中の様子になります。

 

現代の排水桝は、塩ビ製のものが主流になっているらしく、

コンクリート製の排水桝は、その時代を感じさせる。

水道局担当者が来てくれた時も、この辺の団地はほとんどがコンクリート製の排水桝であると言っていた。

それが、ウン十年の年月を経て、コンクリートが劣化しているらしい。

我が家の排水桝の中を覗(のぞ)くと・・・、あった!

コンクリートの一部にが開いていた。

なるほど、これが原因か。。。

台所の排水桝だけじゃなくて、洗面脱衣所の排水桝にも同じような穴を見つけた。

 

じゃあ、この穴を埋めればなんとかなるんじゃないの???

 

そう思った私は、早速インスタントセメントで穴を埋めることにした。

インスタントセメントは適量の水を加えるだけで、すぐにコンクリートに変化する優れもの。

穴埋め完了! 乾くまで少し様子を見ることにした。

それでも・・・

 

やっぱり、ダメかぁ・・・

 

相変わらず、排水はダダ漏れだった。

応急措置にもならない様子。。。ガックリ

 

指定業者の見積り

 

役所が指定した、下水道業者見積りをお願いしておいた。

夕方、仕事が終わり次第連絡します、とのこと。

 

約束の時間になると、若くて恰幅(かっぷく)の良いお兄さんがやってきた。

wata-siro
こんばんは、お忙しいところすみません。

簡単に挨拶して、下水道の現状を説明すると・・・

見た目同様 声も大きくて・・・(圧倒される私)

慌てて、勝手口に案内してドアを閉めた。

 

見た目とは違って、笑い顔はキュート。

説明しながら水を流したりして、漏れの確認をしてくれた。

業者(従業員)
こう言ったらなんですけど、これ全部やり直すとなると高額になりますよ。

 

高額にビビる私。

 

wata-siro
あの・・・高額って、どれくらいですか?
業者(従業員)
いやぁ、自分は従業員なんで見積りしないと何とも言えないですけど。

 

まぁ、それはそうだろうな。。。

すると、そのお兄さんの携帯がガチャガチャ(知らない音楽)鳴り響く。

 

すっごい音。。。

 

何やら話していると・・・

もう1台の車が、家の前に停まった。

業者(社長さん)
どうも、〇〇水道です。

その会社の社長さんが、わざわざ見に来てくれたようで。

私と同じくらいか、少し年下くらいの こちらは落ち着いた感じの体格の良い社長さん。

素人の私にもわかるように、丁寧に説明してくれた。

業者(社長さん)
水の流れが悪くなっていますね。多分、地盤が下がってしまって勾配(こうばい)が無くなっていると思うんですよ。
wata-siro
はぁぁぁ、なるほど。水が溜まっていますね。だから匂いがあったんですね。
業者(社長さん)
失礼ですけどお宅の場合、全部やり替えるというよりは、桝だけ交換して様子みたほうがいいと思います。
wata-siro
そうですかぁ。私には見当もつきませんけど、取り敢えず匂い排水漏れが無くなってくれればいいんですけど。。。

 

さっきのお兄さんが言ってたように、犬走りを斫(はつ)って下水道全体をやり替える工事だと、かなりの費用が掛かるらしい。

比較的新しい家ならやり替えの意味があるけど、古い家だしそこまでする必要はないんじゃないかってこと。

私もそう思っていたし、我慢できる範囲でお願いしたい!

 

パイプの部分(塩ビ管)は恐らく劣化したり割れてはいないだろうから、問題のコンクリート桝の部分だけ交換してみては、と提案してくれた。

勾配不足がやや心配な点ではあるけれど、塩ビ桝を設置するときに調整してみるらしい。

ごり押しするわけでもなく、的確な提案をしてくれたので、安心感があった。

 

もう、辺りはすっかり暗くなって・・・

業者(社長さん)
では、近いうちに見積りを持ってきますので。
wata-siro
遅くまでありがとうございました。よろしくお願いします。

 

そう言って、帰っていった。

車が行ってしまうまで見送った後、辺りがやけにシーンとなった気がした。

肉体労働の男子は迫力あるなぁ~と感心する。(笑)