1年前

       
 

 

ばあちゃんがひとりで 36年間 生きてきた家。
この家を受け継ぐことになった。

 

病院の個室で 目も開けられなくなったばあちゃんに
「 あの家は守るからね 」 と母が誓っていた。
その時のことは、はっきり覚えている。
目を閉じたまま、ばあちゃんはコクンと頷いた。

あれから1年。
母はあの家には住みたくないって Σ(‘◇’*)エェッ!?
「 やっぱり いまの住み慣れた場所が 一番よ 」 と。。。
あの誓いは嘘だったのか・・・(`・д・´)

それでも あの家は母が相続することになった。

 

 

   
 
        
1/11