ガス給湯器を自分で設置してみる 電気系統編

       
 

 

屋外コンセントの設置

 

電気系統の接続をする。給湯器に繋ぐコードは4つ

電源コード

台所用リモコンコード

風呂用リモコンコード

アース線

この4つを繋げるために、防雨型コンセントが必要になる。各メーカーの中から私が選んだのはコレ → 防雨型コンセント 

『 東芝ライテック  アースターミナル付接地防水コンセント (入線機能付)』

すべてがこの防雨型コンセントに集約できる。(*゚ー゚*)ゼンブマトメル

 

屋内側から振動ドリルを使って壁に穴を開ける。その穴には、4つの線を通すつもり。( 訳あって、アース線は後回し・・・(*>v<*) )

 屋内側

 屋外側

 

防雨型コンセントの位置は、給湯器の真横になってしまった。本当はもう少しのほうに設置したかったんだけどなぁ・・・。(*´ω`*)シカタナイネ

コンセントが差し込めればいいので、まぁいいかな。(´▽`*)ヨシヨシ

 

防雨型コンセントを設置するときも、壁にプラグを入れてビス止めする。これで、しっかり固定できる。

本体の裏側にリモコン用の線を通す穴がある(入線機能付き)。そこから通線したところ。

このリモコン用の2本の線を、給湯器本体に結線しなければいけない。

 

リモコンコード

 

施工説明書を読むと、注意書きが書いてある。(主なもの)

・リモコンコードの長さは25m以内で使用する。

・リモコンコードを途中で中継してリモコンからリモコンへ配線しない。

・コードは1つの端子台に2本まで共締め可能。

給湯器本体のカバーを取り外してみると、共締めするのは、89A89Bと記されているネジ部分。

施工説明書に書いてあるように、共締めしてみたら・・・こんな感じ。( ,,・ิω・ิ,, )フムフム

特に難しいことではなかった。蓋を閉めて終わり。ヽ(・∀・)ノ デキタ

台所と風呂のリモコン機器側のほうは、まだ・・・ 後ほど。ヾ(。>﹏<。)ノ マタカ…

 

 

次は、水の配管。

湯・水の配管を通すための壁穴は既に開けている。この時が来るまでコーキングで穴を塞(ふさ)いでおいた。

だんだん形になってきた。。。(・∀・)ノ

 

   
 
        
1/11