登記

 

 

不動産の登記申請

 

親の不動産を相続した場合、不動産の名義を変更することになります。

専門家に任せれば簡単に変更が完了してしまいますが、その分費用が掛かります。

だから、私は自分で手続きしてみることにしました。

 

 

何事も人間がやることなので、出来ないことはないんじゃない?っていう安易な考えでもあったのですが、時間と労力があれば成せる!と思いました。

調べていくと、相続の手続きが難しい場合は個人では困難なこともあるようなのですが、幸い私が経験した不動産登記は無事に完了しました。

このブログの中で私が経験した詳細を書いていますので、これからやってみようかなと思っている方がいましたら、参考になれば嬉しいです。

 

→自分で登記申請する

 

追記:平成29年5月29日から「法定相続情報証明制度」という制度がスタートしました。

相続手続きが簡単に

現在,相続手続では,お亡くなりになられた方の戸除籍謄本等の束を,相続手続を取り扱う各種窓口に何度も出し直す必要があります。

 法定相続情報証明制度は,登記所(法務局)に戸除籍謄本等の束を提出し,併せて相続関係を一覧に表した図(法定相続情報一覧図)を出していただければ,登記官がその一覧図に認証文を付した写しを無料で交付します。

 その後の相続手続は,法定相続情報一覧図の写しを利用いただくことで,戸除籍謄本等の束を何度も出し直す必要がなくなります。

                    法務局HP より