トラウマになるほどの、通水テスト!!

中途半端な中断

 

約3か月くらい・・・ブログを中断していた。

恥ずかしながら、自分のブログを読み返すとなんて中途半端なんだろう・・・

水漏れしてから、この後どうなった・・・?

続きもなく、終わっている状態!?

なんか、余裕なくて・・・ 中途半端だったんだなぁ。。。(スミマセン。。。)

 

通水テスト

 

→ 浴室側・混合水栓の給水配管をやり直す

勝手口の水道配管は、正直 悪戦苦闘していた。

水道関係の予算はオーバーしてたし、素人感・丸出しの配管になってしまった。

 

それが、こんな感じ。

・・・!?

どこのお宅にも、こんな変な配管は無いだろうなぁ。。。

本当は、要所にエルボを使ってきちん配管したかったんだけど、予算のことを考えると・・・無駄使いできないし。

残っている継ぎ手を余すことなく使う為に、こんな変な感じになってしまった。

今になっても、少し後悔している。

だって、やっぱり格好(かっこう)悪いもんなぁ。。。

モヤモヤ感を抱えたまま、先を急ぐことにした。

 

よしっ! 通水テストしてみよう!

また、どこからか水漏れが起こるかわからないので、各水栓部分止水を確認する。一応、バケツと雑巾の準備をしておく。

 

今度こそは、成功しますように!

 

屋外の止水栓(元栓)を OPEN!

緊張の瞬間。。。

この時、空洞のポリ管に一斉に水が流れ出ていく音がする。

これが堪(たま)らなく怖い!

しばらく、耳を澄ますと・・・

 

ザザーッツ!(水漏れ)

 

エエッー! どこっ???

 

原因は必ず、人為的な部分。

そう、自分が手を加えた場所に失敗がある。

その失敗は、シンクの混合水栓の継ぎ手とフレキ管の接続不備だった。

 

繋ぎ目の部分に、プラスチックの部品とそれを噛ませる金具を取り付けることになっている。

単純に、金具をつけ忘れていた。

おバカ。。。

お陰で、床には水漏れが・・・

ふぅ―(切ない気持ち)、せっせと雑巾で水を拭く。

というわけで、何度も水漏れを経験し、水道開栓トラウマになっている。

 

次は、もう大丈夫!

何度目だ?の正直で、やっと通水完成となった。

 

ちなみに、最初は給水管側だけを開栓していたんだけど、給湯管側も給湯器の止水栓を開栓して、こちらも無事に通水成功!

もう、水漏れは無い。

 

これで、風呂に水が貯められるし、台所のシンクでも洗い物ができる。

やったー!

当たり前に使えるって、幸せなんだ。

この家ではそういう気持ちを、感じさせてもらえる。