ガス給湯器を自分で設置してみる ガス配管編

 

独身女のサガ

 

年末のガス配管の見積りの様子はコチラ →ガス配管、今年こそは引っ越したい!

ガス給湯器のガス部分の取付けは、地元のガス会社に依頼して工事してもらうことにした。施工してくれる人は2人だったんだけど、その他にも2人来ていて、なんだか騒々しい感じ。ヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ

ガス配管ってそんなに大変なの???って思っていたら、途中で2人は帰ってしまっていた。(・ω・;)アレ

私の出る幕は全くないので、とにかく家の中でひとり静かに待っていた。すると・・・

奥さ~ん、すいません。ちょっといいですか?」

「・・・!?」( 聞きなれない呼びかけにビクッとしてしまった。。。)

「 はい・・・ 」

 

業者を呼ぶと、時々こういうことが起きる。わたし、奥さんじゃないんですけどぉ・・・σ(・_・;)? 仕方ないから、取り合えず返事するしかない。

これが、独身女のサガ。(^_^;)ナレテイコウ…

最初は「 独身なんですよ。」と言ったりしたこともあったけど、もう面倒くさいので諦めた。

 

ガス配管の工事

 

見積り時の話では、古いガス鋼管は撤去するとのことだった。

全部メタルホース管になるのかなぁーと思っていたんだけど、メーターを支えている部分の鋼管は新しいものに取り換えているよう。。。都市ガス用のメーターは重いので、支えるためには鋼管のままじゃないと強度が足りないのかな・・・。

 

ガス給湯器のガス接続部分はこんな感じ

 

水道の場合は接続部分にシールテープを巻いたりするのだけど、ガスの場合はガス配管用シール剤を使う。

会社のやり方でそれぞれ違っていて、シールテープを使うところもあるれば、シールテープとシール剤両方を使うところもあると、施工した人が教えてくれた。(`◎△◎)ナルホド-

 

ヘルメシールって業務用の大きいサイズのものしかないと思っていたけど、こんなコンパクトサイズもあるみたい。

 

ガスの接続は、家の中のガスコンロにも接続してもらった。

冬はストーブじゃなくて、ガスファンヒーターを使おう。。。ストーブは灯油を買いに行く手間がかかるし、ガスなら使い放題!

 

ガスメーターの検針

 

ガスと言えば、前から気になっている問題がある。

ここのガスメーターは勝手口のテラスの中にあって、ガス検針の度に鍵を開けておくか、立ち会う必要がある。毎月のことなので、かなり面倒なんじゃない???

そんな話を、施工してくれた人に話していたら、「今回、床下配管じゃないんだからテラスの外に移設すればよかったのに・・・」って! ( ̄ロ ̄;) ナヌッ!?

「 ええっー!? 」( 確かにそうだ・・・ )

 

見積りの時にも、営業マンにそのこと(検針が厄介だって)を話していたんだけど、年末の忙しい時で、ただの世間話をしたみたいに終わってしまっていた。ガッカリ。。。

どうせなら、給湯器の横にでも移設してもらえばよかったなぁ-。でも、もう過ぎたことだし、諦めよう。(*´罒`*)