wata-siro について

マイホームが夢だったけど、リフォームしないと住めない家。 ばあ ちゃんが建てた家を、孫の私が住むことに。 お金も無いので節約リフォームしています。 実家から車で片道ほぼ1時間、下道をひたすら往復して通っています。 こんなに大変なことだとは、まったく想像していなかったのですが。 素人ながらもコツコツと改良して、いつか自分の好きな落ち着く家にしたい。 ついでに苦手な虫も克服したい。 そんな、DIY&リフォームブログ ~わたしの城ができるまで~ です。 なるだけ、わかりやすく綴(つづ)っていけるようにしていこうと思っています。

1人暮らしがまったく楽しめない

1人暮らし最初の晩御飯

 

両親との暮らしに慣れていた私。

1人分の食事を作る分量が難しい。

 

これは、ばあちゃんが使っていた3合用の炊飯器。

ガスレンジの火で、炊飯器のコンセントコードを焼いてしまったらしい。

それで、絶縁テープをぐるぐる巻きにしていたみたい。

元々しっかり者のばあちゃんは、この頃から徐々に自分がおかしくなっていると自覚し始めていた。

お湯を沸かすためにガスレンジの火をつけたまま消し忘れるとか、言いたい言葉が思い出せないとか、忘れっぽくなっていた。

自分が情けないと地団駄(じだんだ)を踏んでいた時のことを、思い出した。

絶縁テープを剥(は)がすと、コードが一部溶けて焦げていた。

このまま使うのはちょっと危険だと思ったので、コードをカットすることにした。

コードが短くなるのは仕方ない。

新しくコンセントを取付けた。

これからは私がこの炊飯器を使わせてもらう。

 

我が家で最初に作ったのはビーフシチュー

洋風な食べ物は父の口には合わないので、いつも和食中心だった。

ビーフシチューは数年来食べていなかったので、食べたいなぁ~と思っていた。

最初の一口(ひとくち)は 美味しい! と、どんどん進み、お腹一杯食べたけど、それでもまだまだ鍋にたくさん残っている。

翌日も同じものを食べるのが、1人暮らしの醍醐味(だいごみ)。

明日も食べれるなんて嬉ししすぎるっ!

 

だけど・・・2日目の濃い味に飽きてしまう。。。

ビーフシチュー、しばらくはいいや・・・

やっぱり、その日に作った出来立てのおかずが美味しい!

1人暮らしだと、残り物や冷凍ばっかりになってしまうんだろうなぁ。。。

 

 

悪臭で我慢の限界!

 

引っ越したての頃は、まだ感じることもなかったんだけど・・・

数週間もすると、異常な環境下で暮らしていることに気が付き始める。

勝手口の外に出ると、なんか・・・ すごく臭う!?

料理したり洗い物する度に、その汚れた水の行方が気になっていた。

下水漏れと同時に、嫌~な臭いも強くなり始め・・・

コンクリート製の蓋なんだから、防臭出来るわけない。

そのうち、台所シンクや風呂の排水口、洗濯機からも 悪臭家の中まで漏れ始めた。

 

油物の調理は、排水した時の罪悪感があって・・・出来ない。( 共用の排水溝に全部漏れてしまうだろうから )

だから、レンジでチンするようなレトルトカレーとか、スープのような、洗い物が少なくて済むような食事を摂るようにしていた。

食器を使うのはコップくらいで、使い捨ての紙皿を使う。

 

数日もすると・・・ 体重も減り、栄養が偏ってしまい、いつもの力が出ない

これじゃ、リフォームにも精(せい)が出ないよぉ~。

 

下水道工事の見積もりは、しばらく待っているけど連絡は来ないし。

忙しいのかなぁ・・・

 

風呂は、浴槽に浸かるのは止めておいた。

シャワー生活に慣れていない私にとっては、まったくリラックス出来ない

 

洗濯は、汚水が流れ出るので洗濯機は回せない

洗濯カゴに、洗濯物が山のように積み上げられてくる頃には、

思考回路が鈍くなってしまい・・・

追い詰められていた。

 

このままじゃ、おかしくなりそう!